毒性

ペットの栄養学

原料の供給ルート、汚染状況については問題が山積
食物を毒物汚染から守ることの重要性

食物が毒性を持たないことの確認方法で、唯一確か
なのは、すべての原料についての供給元やその経緯
の詳細の知識を持っておくことです。

ですがあまり実際的ではなく
通常は原料を信頼できる供給元から購入

添加物 異物混入の禁止 規制 監視をする
さまざまな法規制に違反してないかを確認

すべての有毒物質が人工というわけではなく、
その多くは自然の産物で、原料に含まれることも
ある。

原料に含まれている場合は、通常は
農業従事者または加工業者によって除去される

または貯蔵状態が悪く、細菌や真菌類が繁殖し
毒性を持つ場合もある。

このような毒物は取り扱いをきちんとしていれば
防げるものであり、原料の特性品質等を十分に
理解している信頼できる供給元から入手することが
とても重要です。

トップクラスのペットフードメーカーのほとんどは、信頼
できる供給元の確保と法的規制の遵守 品質管理に
自ら注意を払い、製品および原料のスクリーニング
・テストを行っている。

これにより簡単には確認しにくい製品の安全性が
保証される。

1-1 ペットフードの安全確保のために(PDF : 441KB)(最終改定:平成29年4月)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。