ミルベマイシンA錠




子犬の食事の与えかた

目安時間:約 2 分





アウトレットセール

一日に与える回数は?
一般に成長期の子犬には、一日3~4回与えます。
成長するにつれて回数を減らし、その分一回の量を
増やします。

毎日決めた時間に決めた食器で規則正しく与えるように
習慣づけることが大切なんですよ。

一日に与える量
ドッグフードの場合は包装紙に記載されているところの内容を
参考にします。

また内容にもよりけりですが、おおよその目安として
子犬の体重の10~15%の食事量(一日分)設定したり。

一回分をを子犬の頭の大きさ(満腹時の子犬の胃の大きさに相当)
の分量にするという方法もあります。
 

しかし実際のところ、量は犬種、季節、運動量など
によって一定ではないですから
食べ残したり、食べたあと吐いたり、食べ方が悪かったりしたら
量を減らし、

反対にガツガツしているのは量の不足ですから増やしてやるなど、
その犬の食べ方を見て量を加減すればあまり
失敗なんてしませんよ。

また
食べるだけ与えるより、まだ多少欲しがっている腹八分くらいで
止めさせるのが、健康的にもいいですね。

食事の内容を変えたいとき
新しい環境にも十分なれて、食事の変更や新しい食べ物を
追加したりするときは、

従来のものに少量ずつ加えていき
犬の食べ具合、便の状態(軟便、下痢便なら量を減らすか~食事中止する
など)
具合を見ながら割合を増やしていくことが原則です。

子犬が選り好みしないようよく混ぜて与えるようにします。


獣医さんによくある相談









遺伝性疾患遺伝子検査キット「PET DOG HAB」

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 




ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。