ミルベマイシンA錠




薬剤の投与方法 錠剤を飲ませる

目安時間:約 1 分




 

犬の病気に対する獣医療には幅広い
内科療法が行われます。

肺炎のような感染症の治療や副腎皮質ホルモンの
過剰症ー欠乏症など

代謝性疾患の治療

あるいは癌のタイプによっては
抗がん剤療法など治療によってさまざまな
薬物療法が応用されます。
また糖尿病の疾患など毎日インスリンなどの注射が行われます。
  
残念ながら犬が喜んでくれるような薬はほとんどないと
いってよいでしょう。

錠剤を飲ませる
1.犬に号令をかけて座らせます。
  片方の手で犬の口を開けて、一方の手で薬を犬の舌の奥に素早く
  乗せます。

2.犬の口を閉じて、わずかに顎を上げ一方の手で喉をなでてやります。
  舌なめずりすれば、薬を飲み込んだ証拠です。
 犬がうまく薬を飲み込んだときは必ずほめてやってください。


獣医さんによくある相談









遺伝性疾患遺伝子検査キット「PET DOG HAB」

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 




ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。