毒性

目安時間:約 2 分

原料の供給ルート、汚染状況については問題が山積
食物を毒物汚染から守ることの重要性

食物が毒性を持たないことの確認方法で、唯一確か
なのは、すべての原料についての供給元やその経緯
の詳細の知識を持っておくことです。

ですがあまり実際的ではなく
通常は原料を信頼できる供給元から購入

添加物 異物混入の禁止 規制 監視をする
さまざまな法規制に違反してないかを確認

すべての有毒物質が人工というわけではなく、
その多くは自然の産物で、原料に含まれることも
ある。

原料に含まれている場合は、通常は
農業従事者または加工業者によって除去される

または貯蔵状態が悪く、細菌や真菌類が繁殖し
毒性を持つ場合もある。

このような毒物は取り扱いをきちんとしていれば
防げるものであり、原料の特性品質等を十分に
理解している信頼できる供給元から入手することが
とても重要です。

トップクラスのペットフードメーカーのほとんどは、信頼
できる供給元の確保と法的規制の遵守 品質管理に
自ら注意を払い、製品および原料のスクリーニング
・テストを行っている。

これにより簡単には確認しにくい製品の安全性が
保証される。

1-1 ペットフードの安全確保のために(PDF : 441KB)(最終改定:平成29年4月)

食物の評価

目安時間:約 2 分

犬や猫のオーナーにとって、最もよろこばしい飼い方は
健康を維持すること。

そうすれば、犬や猫は長生きし、幸福に過ごすことが
できる。

この目的を達成するための唯一ともいえる
重要点は 与える食事にある。

そのため。各食事はその役割を保証するための
評価を受けることが必要になってくる。

動物の食物や食事の栄養適正を十分に評価することは
たやすいことではなく。

特に犬や猫の分野では、食物が全生涯における健康維持
を主目的に摂取されているので、その評価は難しい。

食事と健康の関連性についての知識が必要とされるが
未知の部分もけっこう多い。

犬と猫に求められる栄養学的役割は
人間の食事や家畜の餌に求められるものを
超えていることがある。

人間はいろいろな食物を自ら自由に選ぶことができるが、
犬や猫は通常の場合、オーナーが与えるものに限定
されているからで、

家畜はペットとは非常に異なった理由で餌を与えられる
家畜は天寿をまっとうすることをほとんど期待されて
いない。

家畜の飼料は常に時間とコストの関係に基づき体重増加
もしくはほ乳や卵の生産性向上のために配合されている。

健康と言う点も考慮はされてはいるが、それは効率
とともにであり、

幸せで生き物としての機能を十分に生かした生涯を送るのは、
ペットにしか期待されていないのである。

ページの先頭へ