犬にグルーミングが必要なわけ

目安時間:約 2 分

野生動物は別に何もしなくても
立派に生きているんだから、

飼い犬にも手入れは必要ない
むしろ

過保護ではないのか・・・・

という素朴な疑問や批判的な言い方を
する人がおりますが、

こうした人は犬のことをまったく知らない人と
いえるでしょう。

というのも、野生での生息条件と人に飼われている
条件とはまったく異なるからです。

後者の場合は一定の時間でのみ生活し
種々の制約を受けて生きていますから、

動物を健康に飼うためにはその分
適切な世話や手入れをして

補ってやることが必要なんです。
これは犬だけではなく、牛や馬
猫 飼い鳥など他家畜系の場合も同様です。

また手入れの必要性は、家畜化の当然の帰結
といえます。

今日犬には多くの品種があり
いずれも人間が長い歴史のなかで

人工育種を繰り返し、つくりあげてきた動物
たちです。

極端に毛の長い犬は野生にいないし、
また顔や四肢の毛にしても
一般に体毛にくらべて短いのが自然ですが

こうした条件にあてはまらない犬は数多くいます。
こうなると犬たちは体表を見づくろいする
能力はあっても、

自力だけでそれを清潔にたもつことができません

ですから飼い主がグルーミングをして補ってやる
ことが必要なのです。

したがってほとんどの犬種ははグルーミングを
適切に施すことを前提に作出されてきた
といっても過言ではないほどです。

外観で異常を見つける方法 目の異常

目安時間:約 1 分

1 目の異常
① 目やにが出る
② 目をつぶる
③ 目の色が赤い
④ 目の色が黄色い(黄疸)
⑤ 目を痒がりこすりつける
⑥ 目の表面が白く見える
⑦ 目の内側が白く見える
⑧ 瞳が白く見える
⑨ 涙があふれる

考えられる疾病
角膜炎  ① ② ③ ⑤ ⑥ ⑨ (⑦)

結膜炎  ① ② ③ ⑤ ⑨

逆まつげ ① ② ③ ⑤ ⑥ ⑨

流涙症 ⑨

アレルギー ③ ⑤ (ジンマシン)

白内障 ⑧(老齢犬 若齢性)

ジステンパー ① ② (④)

伝染性肝炎 ④ (⑥症状末期に出現)

レプトスピラ ④

ページの先頭へ