子犬を選ぶ時運ぶとき

目安時間:約 2 分

やはり、健康で性質のよい子犬を選ぶことがポイントです。
そにためにいくつか見分けかたの目安をあげてみます。

健康な子犬6つのポイント
1 元気があり活発な子犬

2.いきいきした目で目やにや涙を出してない子犬
3.口や耳が臭わない子犬。健康な子犬は口の中かがピンク色をしています。
4.毛づやがよい子犬。不健康なら被毛につやがありません。
5.鼻先が湿っている子犬(発熱していると乾いている)ただ睡眠中や起きた直後は健康犬でも乾いていることがある。
6.肛門をみる。下痢で汚れたりただれていない子犬がよい。

臆病な子犬・利口な子犬を見分ける

子犬のいるそばに寄り、手を差しのべると、ほとんどの子犬はじゃれてきます。
手にもちかづかないような子犬は臆病です。また手に鼻先をよせ、臭いをかいでから
じゃれる子犬は慎重さがあるよい子犬です。
犬は未知のものに対して関心や興味をもつと、においをかいで確かめる性質がありますから、
臭覚で自分の行動を支配する犬は利口な子犬といえるでしょう。

ペットくすりのアルベンダゾール400mg

ワイゾロン5mg90錠(プレドニゾロン)


ストロングホールドプラス 300 × 250


ドロンタールプラス犬用20錠

遺伝性疾患遺伝子検査キット「PET DOG HAB」


アポクエル(アポキル錠)5.4mg20錠

レビューを書いて3000円ゲット!




ファンゴテククリーム1パーセント10mg




タグ
最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報

    ページの先頭へ