犬の第六感

目安時間:約 1 分

犬には超感覚(超能力)が備わっていると思いますか?

多くの飼い主は自分の犬には第六感があると
信じています。

子供が学校から帰ってくる時間や散歩に連れ出す
時間を知っているというのがその理由です。

また飼い主の感情を感知するテレパシー的な
能力があるとも信じられています。

科学的には、犬は地震の際に発生する電磁波を
感じとるとされています。

地震を予知したり。600キロ以上の距離を
さまよいながらも帰ってくることができる
のは、こうした能力があるからかも
しれません。

犬の感覚

目安時間:約 1 分

犬はハンターであり、死体清掃業者でもあり
彼らは群れをなして生活してますから
敵味方を識別することが必要です。

こうした目的のために感覚器が発達してきました
潜んでいる獲物のちょっとした動きも
とらえる素晴らしい視力
獲物を見つけたり、縄張りを嗅ぎ分け

さらには他の動物の感情的な状態まで
感じ取ることができる。

人間を遙かにしのぐ感覚
はるか遠方の音を鋭く聞き分ける聴覚を
持っています。

しかし味覚に関してはそれほど
優れているとはいえません。

そのため他の動物が自己防衛本能から
とまどって食べないものでも
食べてしまいます。

また一方で犬は繊細な触覚をもって
います。

これが人との素晴らしいふれあいを
可能にしてくれているのです。

被毛などの手入れ

目安時間:約 2 分

犬の被毛は、ドーベルマンのような滑らかな
ビロード感覚のものから

ラフ・コリーのような密毛までさまざま
その手入れに必要な道具もそれぞれ
違います。

ペットとして犬を飼うことは、楽しいことであり
そこには当然責任も出てきます。

どんなに人目を引くような犬でも健康であっても

正しいしつけがなされていなければ
いつとびだすかわからない鉄砲だまみたいな
ものです。

正しくしつけることはさほど難しいことではなく
予防は治療にまさるということです。

家族の一員となった仲間は
子犬時期に「座れ」「待て」の命令を教えられる
だけで、どんな状況下でも自由に扱える動物に
なるのです。

たとえ成長しても手に余る行動をとるように
なったとしてもこの基本的命令を犬がしっかりと
理解していて、速やかに反応できれば

問題行動は半分以上解決されるといっても
過言ではありません。

純粋種の選択的交配

目安時間:約 3 分

犬は 地球上のあらゆる場所で、人間社会の一員として

なくてはならない動物になっています。

家畜を追い立てたり獲ったり、そりを引いたり

麻薬犬 警察犬  捜索犬 盲導犬 救護犬 聴導犬

 

 

 

あるいは孤独をいやしてくれる仲間

として働いてくれます。

人間は歴史の流れの中で、狼の家畜化を起源として

選択交配を繰り返しながら 小型のヨークシャーテリア

から 大型のグレート・デーンまで

 

 

 

さまざまな種類の犬を作りだしてきました。

しかも、犬の大きさや姿形を変えただけではなく

 

 

 

行動そのものも変えてしまいました。

 

 

そのため犬たちは人間にほとんど全面的に頼らなければ

生きていけない動物になってしまったともいえます。

 

 

 

犬の被毛の長さや毛深さは、それこ千差万別

人間が手入れをしてやらなくてはなりません。

 

 

 

 

またその大きさにいたっては、同じ犬でありながら

小さいものと大きいものとで100倍以上もの差

があるくらいです。

 

 

 

すべての生き物のなかでこれほど大きさに差があるもの

他に類を見ないです。

 

 

 

残念なことに幅広い種類をつくりだしていくうちに

構造的な欠陥や健康上の問題が

あるような犬まで作ってしまったという

ことなんです。

 

 

 

 

世界中の家畜でこれほどまでに身体的

医学的障害を子孫に伝えるような動物は

犬以外にはいないでしょう。

ペットくすりポイントシステム240x180

 

 

 

 

ページの先頭へ